変化のない時間

はじん第一暗黒期に突入の巻

アルバイト…本当になんでもやってましたね。日雇い、倉庫内作業、飲食店…何でもやっていました。
建築系日雇いの時に、そこの鳶職さんの親方に気に入られてそこの現場の常駐が決まり、なんとその親方から鳶さんの道具フルセットをプレゼントされました。
昔親方が使っていたやつだそうで「そんな大事なもの受け取れません」とお断りをしたのですが「この道具を使ってこれからも頑張って欲しい」と…。

続きを読む

はじん大阪に行く!の巻

そして18歳の春、大きな夢を抱えて大阪に行くことになったのですが、東京に行かず大阪の専門学校に行くという(笑)。

コンピューターミュージックを学べる学校というのが当時はあまり無くて東京大阪に数件しかなかったんですね。今では当たり前のようにありますが。それに下関出身から見れば東京も大阪も大都会で変わらないと思ってたんです。(後にすごい違いを知るのですが…)

続きを読む